メインイメージ

目の形を変える目頭切開について

目頭切開とは、目頭の皮膚を切る美容整形手術のことです。


大きな地図で見る

蒙古襞によって目が小さく見えてしまっていることにコンプレックスを抱いている方や、目と目が離れ気味だから気になるという方に効果的な整形法として用いられています。目頭の大きさだけでなく、目元全体の印象も変わるので、満足度の高い整形といえます。
目頭切開をすると、末広型だった目が並行型になったりと、二重瞼の形や目の大きさまで変えてくれるので、とても人気の整形です。

目頭切開のメリットとは?

目頭切開をするメリットとして、「目頭から目尻まで並行型の二重瞼になる」、「蒙古襞を取ることによって、小さく見えていた目が大きく見える」、「目が大きく顔が小さく見える」、「化粧がしやすくなる」といったことがあげられます。
目頭切開には、W法とZ法の二つの方法があります。Z法は、目頭の皮膚をZ型に切開する方法のことです。必要に応じて余った皮膚を切り取る場合もあります。
W法は、Z法と基本的に同じですが、Z法に比べると縫合する部分が多いため傷跡が目立つと言われています。

目頭切開の体験談

先日、目頭切開をしてきました。手術したばかりの日は、目が腫れていましたが、先生の腕がとても良かったのか、痛みや出血などがほとんどなかったです。
局所麻酔は想像以上の痛さでしたが、麻酔をしてしまえば手術中は全く痛くなかったです。心配していた傷跡も驚くほど少なく、離れ気味だった目が安定のとれた幅になったと思います。
日本人に多いといわれる蒙古襞を切除してもらったおかげで、末広型の目だったわたしもぱっちりした目を手に入れることができました!